加盟団体の活動

2021.08.17

全難連声明「アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明」

2021年8月16日、緊迫化するアフガニスタンの状況を受け、なんみんフォーラム加盟団体の全国難民弁護団(全難連)より、声明「アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明」が発表されました。

※全難連ウェブサイトでの発表はこちら


アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明

全国難民弁護団連絡会議
2021年8月16日

米国政府が2021年9月11日までにアフガニスタンから完全撤兵する旨を表明し、今年 5 月 1 日に駐アフガン米軍が撤兵を開始して以降、タリバンがアフガニスタン各州の主 要都市で攻勢を強め、8 月に入ると各州の主要都市が陥落し、8 月 13 日にはカンダハ ル、14 日には北部の中心都市マザーリシャリーフ、そして 15 日には首都カブールがタ リバンの勢力下に入ったと報じられています。

現在のアフガニスタンの状況は、タリバン司令官の一人が、公開処刑、手足の切断、投石による処罰などの実施を公言しているように*2、1996 年以降の状況の再現を彷彿させ るものです。タリバンの理念に反する者、女性やマイノリティへの人権侵害が更に広範化し悪化することが懸念されます。

在日アフガニスタン人からは、本国にいる家族を心配し、日本に呼び寄せることはできないかと訴える悲痛の叫びが弁護士や支援関係者に寄せられています。

今後は米国の同盟国たる日本に在留していることのみで、帰国した場合にタリバンから 危害を受ける危険が増すおそれがあります。現在では比較的に多くのアフガニスタン出身の庇護希望者が我が国で在留資格を得ていますが、難民として認定されず、人道配慮 による在留も認められていない者がいることが複数件確認されています。

15 日には、日本や EU を含む 71 の国や地域等が共同声明を発表し、「アフガニスタン全土で権力と権限を持つ立場にある者は、人命と財産を保護し、治安と市民秩序を直ちに回復させる責任がある」と述べ、「アフガニスタンの人々は、尊厳を持って安全に安心して暮らす権利がある。われわれ国際社会はアフガニスタンの人々を支援する用意があ る」と、アフガニスタン待避希望者の保護について述べています*2。 日本政府は、2 月の軍事クーデターで予断をゆるさない状況にあるミャンマー出身の在留者に対して在留 を認める緊急避難措置を講じているところですが、アフガニスタン出身の在留者に対しても、まずは本人が迫害や重大な危害を受けるおそれのある本国に送還されないことを保証すべく、以下の通り、緊急に要請します。

1. 我が国に庇護を求めるアフガニスタン出身者に対し、難民認定手続の審査を待たずに、アフガニスタン出身者であることが確認でき次第、緊急措置として迅速に 安定的な在留資格を付与すること。

2. 難民認定手続外で在留資格の変更を求めるアフガニスタン出身者に対しても、 緊急措置として迅速に安定的な在留資格への変更を認めること

3. 前記 1 と 2 で付与又は許可する在留資格は最低でも在留期間 1 年とし、更新を可能とすること

4. 在留するアフガニスタン人が日本への家族呼び寄せを希望する場合、在留資格認定証明書の許可要件の緩和や大使館での迅速な査証の発給など、最大限の配慮を すること

—-

1 “Afghanistan war: Taliban back brutal rule as they strike for power”, BBC(2021 年 8 月 12 日)、https://www.bbc.com/news/world-asia-58156772

2 米国国務省 “Joint Statement on Afghanistan”(2021 年 8 月 15 日)、 https://www.state.gov/joint-statement-on-afghanistan/;「アフガン混乱で 60 カ国以上が 共同声明、退避希望者の出国求める」Reuters(2021 年 8 月 16 日)、 https://jp.reuters.com/article/afghanistan-conflict-international-idJPL4N2PN0UI

 

FROM | 全国難民弁護団連絡会議(JLNR)

FRJの活動

2023.07.25

事務所移転・電話番号変更のお知らせ

NPO法人なんみんフォーラムは、下記の通り、事務所を移転しました。また、電話番号も変更しております。 ■ 主たる住所(郵送…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

イベント/セミナー

2024.06.12

6/29(土)開催:世界難民の日2024 in 鎌倉

毎年6月20 日は、国連が定めた「世界難民の日」(World Refugee Day)です。難民の保護と支援に対する世界的な関心を高…

READ MORE

FROM | アルペなんみんセンター

イベント/セミナー

2024.06.12

6/20(木)開催:世界難民の日2024 in 小金井

毎年6月20 日は、国連が定めた「世界難民の日」(World Refugee Day)です。難民の保護と支援に対する世界的な関心を高…

READ MORE

FROM | アルペなんみんセンター

加盟団体の活動

2024.06.11

全難連「法律事務所への訪問等を制限する一時旅行許可の運用に対する抗議申入書」提出

FRJ加盟団体の全国難民弁護団連絡会議は、2024年6月7日に被仮放免者の一時旅行許可の不必要・不合理な制限に対し、抗議申入れ「…

READ MORE

FROM | 全国難民弁護団連絡会議(JLNR)

イベント/セミナー

2024.06.11

6/17(月)開催:Welcome Japan Summit 2024 ~「世界難民の日」を前に、難民の包摂に関心のある企業、難民当事者、NPO/NGOなどが集う対話イベント~

日本社会全体による多様な難民包摂の拡充に向けた中間支援組織 一般社団法人Welcome Japanは…

READ MORE

FROM | Welcome Japan(WJ)

イベント/セミナー

2024.06.09

6/23(日)開催:難民カフェスペシャル 映画×難民による故郷料理×トーク

大阪キタの古民家カフェで毎月第3火曜に開催している「難民カフェ」。6月は「世界難民の日」を記念して、日曜日の…

READ MORE

FROM | RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)

イベント/セミナー

2024.06.09

6/15(土)開催:講演会「外国人のヒューマンライツ」私たちは外国人に対してどのように向き合っていくべきか?

「世界難民の日」を記念して、アムネスティ・インターナショナル日本・関西連絡会とRAFIQ

READ MORE

FROM | RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)

イベント/セミナー

2024.06.07

6/23(日)開催:[2024年世界難民の日] 難民やLGBTQじゃなくて、「わたし」の話~メタバース対談映像から考えるトークイベント

6月20日「世界難民の日」によせて、当事者によるインタビュー映像をもとにしたトークイベント…

READ MORE

FROM | 難民支援協会(JAR)

イベント/セミナー

2024.05.17

6/1(土)開催:国際シンポジウム「アジア太平洋の無国籍者のくらしと権利 ~無国籍者地位条約70周年によせて~」

早稲田大学国際教養学部20周年記念事業として、国際シンポジウム「アジア太平洋の無国籍者のくらしと権利 ~無国籍者地位条約7…

READ MORE

FROM | 無国籍ネットワーク

加盟団体の活動

2024.04.26

名古屋難民支援室声明:改定入管法の一部施行を受けて

2023年12月1日に、改定入管法が一部施行されたことを受け、名古屋難民支援室が声明を発表しました。 READ MORE

FROM | 名古屋難民支援室(DAN)

加盟団体の活動

2024.04.26

「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案概要等について」に対するパブリックコメントの各団体の発表

第211回通常国会(2023年)において成立した改定入管法の施行を前に、パブリックコメントの募集がなされました。FRJを含む難民支…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)