加盟団体の活動

2021.08.17

全難連声明「アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明」

2021年8月16日、緊迫化するアフガニスタンの状況を受け、なんみんフォーラム加盟団体の全国難民弁護団(全難連)より、声明「アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明」が発表されました。

※全難連ウェブサイトでの発表はこちら


アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明

全国難民弁護団連絡会議
2021年8月16日

米国政府が2021年9月11日までにアフガニスタンから完全撤兵する旨を表明し、今年 5 月 1 日に駐アフガン米軍が撤兵を開始して以降、タリバンがアフガニスタン各州の主 要都市で攻勢を強め、8 月に入ると各州の主要都市が陥落し、8 月 13 日にはカンダハ ル、14 日には北部の中心都市マザーリシャリーフ、そして 15 日には首都カブールがタ リバンの勢力下に入ったと報じられています。

現在のアフガニスタンの状況は、タリバン司令官の一人が、公開処刑、手足の切断、投石による処罰などの実施を公言しているように*2、1996 年以降の状況の再現を彷彿させ るものです。タリバンの理念に反する者、女性やマイノリティへの人権侵害が更に広範化し悪化することが懸念されます。

在日アフガニスタン人からは、本国にいる家族を心配し、日本に呼び寄せることはできないかと訴える悲痛の叫びが弁護士や支援関係者に寄せられています。

今後は米国の同盟国たる日本に在留していることのみで、帰国した場合にタリバンから 危害を受ける危険が増すおそれがあります。現在では比較的に多くのアフガニスタン出身の庇護希望者が我が国で在留資格を得ていますが、難民として認定されず、人道配慮 による在留も認められていない者がいることが複数件確認されています。

15 日には、日本や EU を含む 71 の国や地域等が共同声明を発表し、「アフガニスタン全土で権力と権限を持つ立場にある者は、人命と財産を保護し、治安と市民秩序を直ちに回復させる責任がある」と述べ、「アフガニスタンの人々は、尊厳を持って安全に安心して暮らす権利がある。われわれ国際社会はアフガニスタンの人々を支援する用意があ る」と、アフガニスタン待避希望者の保護について述べています*2。 日本政府は、2 月の軍事クーデターで予断をゆるさない状況にあるミャンマー出身の在留者に対して在留 を認める緊急避難措置を講じているところですが、アフガニスタン出身の在留者に対しても、まずは本人が迫害や重大な危害を受けるおそれのある本国に送還されないことを保証すべく、以下の通り、緊急に要請します。

1. 我が国に庇護を求めるアフガニスタン出身者に対し、難民認定手続の審査を待たずに、アフガニスタン出身者であることが確認でき次第、緊急措置として迅速に 安定的な在留資格を付与すること。

2. 難民認定手続外で在留資格の変更を求めるアフガニスタン出身者に対しても、 緊急措置として迅速に安定的な在留資格への変更を認めること

3. 前記 1 と 2 で付与又は許可する在留資格は最低でも在留期間 1 年とし、更新を可能とすること

4. 在留するアフガニスタン人が日本への家族呼び寄せを希望する場合、在留資格認定証明書の許可要件の緩和や大使館での迅速な査証の発給など、最大限の配慮を すること

—-

1 “Afghanistan war: Taliban back brutal rule as they strike for power”, BBC(2021 年 8 月 12 日)、https://www.bbc.com/news/world-asia-58156772

2 米国国務省 “Joint Statement on Afghanistan”(2021 年 8 月 15 日)、 https://www.state.gov/joint-statement-on-afghanistan/;「アフガン混乱で 60 カ国以上が 共同声明、退避希望者の出国求める」Reuters(2021 年 8 月 16 日)、 https://jp.reuters.com/article/afghanistan-conflict-international-idJPL4N2PN0UI

 

FROM | 全国難民弁護団連絡会議(JLNR)

FRJの活動

2022.09.20

国連自由権規約委員会へNGO報告書を提出しました

なんみんフォーラム(Forum for Refugees Japan、FRJ)は、2022年9月12日、国連自由権規約委員…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2022.05.18

避難民相談センター(Support-R)開設のお知らせ

公益財団法人笹川平和財団(SPF)、NPO法人国際活動市民中心(CINGA)、NPO法人なんみんフォーラム(FRJ)は2022年5月 1…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2021.08.02

【人材募集】難民のためのシェルター住込み管理人を募集しています!

なんみんフォーラム(FRJ)が都内で運営する難民の方のためのシェルターの住込み管理人(嘱託…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

イベント/セミナー

2022.11.15

12月7日(水):東京外国語大学にて、シリア人留学生製作の映画「日本:灰と瓦礫からの復活」上映会開催

12月7日(水)、東京外国語大学にて、同大学のPeace and Conflict Studiesコースを修了されたシリア人留学生が製作したドキュメ…

READ MORE

FROM |

加盟団体の活動

2022.11.15

2022/12/1(木)~2023/1/31(火)まで:さぽうと21「2023年度生活支援プログラム」の募集

さぽうと21は、日本に住んでいる外国籍または元外国籍の学生で、学業の継続が経済的に難しい方を応援する「2023年度生活支援プ…

READ MORE

FROM | さぽうと21

その他

2022.11.15

12月10日(土):外国人のための無料相談会(リレー相談会)を池袋で開催!

特定非営利活動法人CINGA(シンガ:国際活動市民中心)による難民の背景を持つ方を含む外国人のための無料相談会が池袋で開催さ…

READ MORE

FROM |

イベント/セミナー

2022.11.15

11/27(日)開催:シンポジウム「LGBTIQ+難民の人権を考える」~担当弁護士に聞く難民の人権~

本年20周年を迎えたRAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)による、LGBTIQ+※の難民をテーマにした記念シンポジウムが開催されま…

READ MORE

FROM | RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)

加盟団体の活動

2022.11.02

日本国際社会事業団:国籍法3条3項の新設に反対する意見書

日本国際社会事業団(ISSJ)は、共同提案者として「民法等の一部を改正する法律案による、国籍法3条3項の新設に反対する意見書」…

READ MORE

FROM | 日本国際社会事業団(ISSJ)

イベント/セミナー

2022.10.22

10/29(土)開催:セミナー「オープンダイアローグとは何か −痛みを抱えた人々の心に寄り添うには」

無国籍ネットワークの主催で、オンラインセミナーが開催されます。 無国籍者や難民の支援をする上で、当事者とどう対話を重ねて…

READ MORE

FROM | 無国籍ネットワーク

加盟団体の活動

2022.10.19

10/27(木)まで:ウクライナの学生を受け入れる「日本ウクライナ大学パスウェイズ」募集開始

パスウェイズ・ジャパンがウクライナの学生を日本の大学に受け入れる「日本ウクライナ大学パスウェイズ」の募集を開始しました。…

READ MORE

FROM | パスウェイズ・ジャパン(PJ)

その他

2022.10.18

APRRN:アフガニスタン支援情報サイトを開設

なんみんフォーラム(FRJ)が加盟するAsia Pacific Refugee Rights Network (APRRN:アジア太平洋難民の権利ネットワーク)が、…

READ MORE

FROM |

加盟団体の活動

2022.10.18

11/4(金)まで:就学支援「坪井一郎・仁子学生支援プログラム」2023年度募集

このプログラムは、日本や世界各地での活躍が期待される難民などの外国出身の大学生(3年生以上)・大学院生で、経済的理由によ…

READ MORE

FROM | さぽうと21

その他

2022.09.23

活動再開!外国人コロナワクチン相談センター(COVIC)

特定非営利活動法人CINGA(シンガ:国際活動市民中心)による「外国人コロナワクチン相談センター(COVIC)」が9月1日より再開さ…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)