FRJは日本に逃れてきた難民を支援する団体/NGOのネットワーク組織です。

English

FRJの活動

2017.06.02

外務大臣へ保護費に関する提案書を提出しました

6月2日、なんみんフォーラム(FRJ)は、困窮する難民認定申請者のための公的な生活支援金(保護費)に関して、外務大臣へ提案書2点と添付資料を提出いたしました。一つは支給対象者枠に関して、もう一方は収入認定に関してです。

提案の背景


生活困窮者と認められる難民認定申請者に対しては、保護費(生活費・住居費・医療費)の支給が行われています。根拠法令はなく、1982年7月の難民行政監察に基づいており、外務省が所管しています。法務省による難民認定申請の審査結果が届くまでの間、難民認定申請者は、本支援事業の委託先である難民事業本部を通じて、生活費(12歳以上1日あたり1,500円、12歳未満1日あたり750円)、住居費(上限全国一律40,000円)、医療費を受けることができます。保護費受給のためには審査がありますが、特に就労許可のない難民認定申請者や、健康状態などの事情により就労できない難民認定申請者にとっては、非常に重要な公的支援です。

■ 保護費支給対象枠をめぐって

2009年に、難民認定申請者の急増の中で、保護費の予算が不足する事態が起きました。その後、2010年4月1日付外務省総合外交政策局人権人道課長通達「生活に困窮する難民認定 申請者等に対する保護措置の見直しについて」によって、保護費の対象者が絞られました。それ以前は全ての難民認定申請者が対象とされていたのですが、原則として1回目難民認定申請の不認定処分等について裁判所において取り消し訴訟(第一審)を行っていない複数回申請者は対象外となりました。

法務省統計によれば、2008年〜2016年に難民認定者、人道配慮による在留特別許可を受けた人のうち、それぞれの約3割は正規の在留資格を持っておらず、就労することができません。このような難民認定申請者は、知り合いや民間団体の支援等を頼りますが、恒常的な支援を受けることは大変困難であり、家賃の滞納、電気やガスの停止、医療費支払いの保留をし続ける等、生活が困窮しています。また、2010年から2016年の間に難民認定された者のうち約15%が、人道配慮による在留特別許可を受けた人のうち約30%が、複数回の申請を行っていることがわかっていますが、その中にも在留資格や就労許可がないまま結果を待っていた人が含まれている可能性があり、今後もそうした事態が起きていく可能性は決して否めません。

■ 収入認定をめぐって

保護費の受給にあたり、公的な手当、交通費等の経費支援、善意の支援などが収入として認定され、生活費等から差し引かれる場合があります。現在の運用では、実質的に保護費支給額以上で生活することが禁じられ、自立できない仕組みになっています。例えば、児童扶養手当など数ヶ月分の公的な手当がまとめて収入認定されると、その月の保護費の支給額が0円となってしまうことがあります。困窮家庭は、すでに借金や未払いを抱えて生活していることも多く、公的手当で増えたその月の収入は、そうした負債の返済に充てざるをえないこともあります。短期的な決断を迫られる中で、⻑期の消費計画を⽴てることは難しい実情があり、収入認定が実際には難民認定申請者の生活に大きな打撃を与えています。

全国の支援現場へは、制度と実情とのギャップによって、最低限の安全と生活が確保できていない難民認定申請者からの相談が日々届いています。FRJでは、そうした現場の声をとりまとめ、現状改善に向けた案として、保護費に関する2つの提案書を提出させていただきました。

 

提出した提案書と添付資料


● 保護費の支給対象者枠の見直しに関する提案書

● 保護費の支給対象者枠の見直しに関する提案書添付資料

 保護費の収入認定の緩和に関する提案書

 

本件に関するお問い合わせ



NPO法人なんみんフォーラム(FRJ)
〒 165-0034 東京都中野区大和町1‐53‐11
Tel: 03-6383-0688|Fax: 03-6383-0699| info@frj.or.jp|www.frj.or.jp

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2020.06.12

新型コロナ:移民・難民の緊急支援にご協力ください

新型コロナウイルスの影響で、移民・難民、外国にルーツをもつ方々のなかでも生活に困窮する方が急速に増えています。また、閣議…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.09

UNHCR難民高等教育プログラム:2021年度募集開始

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の高等教育プログラムの2021年度の募集が開始されました。同プログラムは、社会経済的な理由…

READ MORE

FROM | 国連UNHCR協会

政策の動き

2020.07.09

収容・送還に関する専門部会提言が第7次出入国管理政策懇談会へ報告されました

2020年6月29日の第7次出入国管理政策懇談会にて、同懇談会の下に設置された「収容・送還に関する専門部会」による報告書「送還…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

その他

2020.07.09

国際動向:UNHCR 年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート」発表

2020年6月20日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)より、2019年の年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート」が発表され…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

その他

2020.07.07

国際動向:第三国定住に関するNGO声明と難民当事者による声明が発表されました

毎年スイス・ジュネーブで開催されている難民の第三国定住に関する三者会議(Annual Tripartite Consultations on Resettlemen: …

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.06

収容・送還に関する専門部会報告書に関する各種声明・報道等

2020年6月に発表された収容・送還に関する専門部会による報告書「送還忌避・長期収容問題の解決に向けた提言」について、FRJ加盟…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.03

新型コロナ:移民・難民に関する各種声明・要請等

日本での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、FRJ加盟団体を含む市民団体等が、移民・難民のおかれた脆弱な状況や権利、入管施…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.06.28

収容・送還に関する専門部会報告書「送還忌避・長期収容問題の解決に向けた提言」への市民団体意見書

2020年6月19日に、第7次出入国管理政策懇談会「収容・送還に関する専門部会」による報告書

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2020.06.24

【人材募集】難民のためのシェルター住込み管理人を募集しています!

なんみんフォーラム(FRJ)が都内で運営する難民の方のためのシェルターのの住込み管理人(嘱…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

イベント/セミナー

2020.06.12

6/19 オンライン会議 「Withコロナ・Afterコロナにおける難民のリーダーシップ」

Asia Pacific Network of Refugees(APNOR)が、アジア太平洋地域の各地における難民コミュニティのリーダーからお話を聴くオン…

READ MORE

FROM |