イベント/セミナー

2019.01.08

1/21 セミナー「イギリスの難民保護のあり方に学ぶ」(登壇者変更)

母国での迫害を逃れた人々の多くは、難民として法的に認めらるまでの間、非常に不安定な立場に置かれます。煩雑な行政手続きを進めたり、弁護士を探したりしながら、住む場所や知り合いを見つけ、日常生活を立て直さなければなりません。国によっては働くことが認められず、極度の貧困に陥り、言葉や文化、慣習も異なる見知らぬ土地で、路上生活を余儀なくされる人々もいます。最低限の衣食住さえもままならないことは、健康状態への影響も懸念されるほか、その日の暮らしも数年後の生活も先が見えず、精神的にも人々を追い込みます。難民申請中の人々の生活保障の問題であるだけでなく、こうした不安定な生活は、その後の定住にも深刻な影響を与えかねません。
そのため、難民認定制度を持つ国の多くは、難民申請中の人々へのサポートシステムを設置しています。英国もその1つです。2017年、新たに48,409人の難民申請があった英国では、1年間で12,496人が難民として認められました。英国で庇護を求めた人々は、Asylum Supportと呼ばれる、公的な生活支援システムへの申請が可能です。Asylum Supportでは、生活費の支援のほか、住居の提供も行われています。2017年末、およそ4万人がAsylum Supportの支援を受けています。日本でも、生活困窮者と認められる難民認定申請者に対して、外務省による公的なサポートとして、保護費(生活費・住居費・医療費)の支給や、緊急宿泊施設の提供が行われ、例年およそ300〜400人がサポートを受けています。本セミナーでは、英国の難民認定手続きや、その間の生活保障について、どのような取り組みがなされているのか学びながら、日本の状況も取り上げ、今後の課題を考えます。

日時

2019年1月21日(月) 18:30〜20:30(18:00開場)

場所

日本福音ルーテル社団(東京都渋谷区恵比寿1-20-26)
JR山手線恵比寿駅東口より徒歩3分 東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分
アクセスマップはこちら

ゲスト

アンディー・ヘウェット氏(英国難民評議会 アドボカシー責任者)
羽田野 真帆 氏(特定非営利活動法人名古屋難民支援室 コーディネーター)
*モーリス・ウレン氏(英国難民評議会 チーフ・エグゼクティブ)の招聘を予定しておりましたが、止むを得ない事情により来日が難しくなり、アンディー・ヘウェット氏をお招きする運びとなりました。すでにお申し込みをいただいている皆様へは、別途メールでもご連絡差し上げます。お申し込みのキャンセルについては、お名前を添えて、FRJ事務局(info@frj.or.jp)までメールでご連絡ください。

言語

日英同時通訳

入場料

無料

定員

100名

お申し込み

事前申込でのご参加のみ受け付けております。
オンライン申し込みフォームからの事前お申し込みは締め切らせていただきました。
これ以降の申し込みは、直接FRJ事務局までお問い合わせください。

主催

NPO法人なんみんフォーラム(FRJ)

海外ゲストについて

 

◾️ アンディー・ヘウェット氏 略歴
イギリスの難民支援の分野で16年間の経歴を有し、2018年より英国難民評議会(Refugee Council)でアドボカシー部門のトップを務めている。英国赤十字の現場スタッフとしてキャリアをスタートさせ、難民支援計画の策定にも従事。European Council for Refugees & Exiles (ECRE) やUNHCRの会合にも、英国赤十字代表として参加した。13年間の英国赤十字での勤務を経て、Asylum Support Appeals Project (ASAP) に参加。暫定ディレクターとして、Asylum Supportの不許可や停止に対するプロボノによる法的支援の提供に取り組んだ。2018年より難民分野のコンサルタントとして独立。今までの経験・技術・知識をより広い分野に生かす活動をしている。8月より現職。

◾️ 難民評議会(Refugee Council)
ロンドンに本部を置く英国最大の難民支援NGO。前身は、1951年の難民条約制定を機に設立されたBritish Council for Aid to Refugees (BCAR) と the Standing Conference on Refugees (SCOR)。連合王国内で複数のRefugee Councilが設立されたことから、両団体は1981年に統合され、Refugee Councilに名称を変更した。英国国内の難民や庇護希望者への支援を行うとともに、その他の市民団体のサポートを行い、またネットワークを活かした政策提言活動やキャンペーンなどを実施している。難民及び亡命者に関する欧州評議会(European Council on Refugees and Exiles – ECRE)のメンバーでもある。

問い合わせ

NPO法人なんみんフォーラム(FRJ)事務局
info@frj.or.jp  / 03-6383-0688(平日10:00-18:00)

助成

独立行政法人福祉医療機構(WAM)社会福祉振興助成
(本セミナーは、難民支援者全国会議の第1日目の公開セッションとして開催しています)

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2020.06.12

新型コロナ:移民・難民の緊急支援にご協力ください

新型コロナウイルスの影響で、移民・難民、外国にルーツをもつ方々のなかでも生活に困窮する方が急速に増えています。また、閣議…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.09

UNHCR難民高等教育プログラム:2021年度募集開始

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の高等教育プログラムの2021年度の募集が開始されました。同プログラムは、社会経済的な理由…

READ MORE

FROM | 国連UNHCR協会

政策の動き

2020.07.09

収容・送還に関する専門部会提言が第7次出入国管理政策懇談会へ報告されました

2020年6月29日の第7次出入国管理政策懇談会にて、同懇談会の下に設置された「収容・送還に関する専門部会」による報告書「送還…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

その他

2020.07.09

国際動向:UNHCR 年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート」発表

2020年6月20日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)より、2019年の年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート」が発表され…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

その他

2020.07.07

国際動向:第三国定住に関するNGO声明と難民当事者による声明が発表されました

毎年スイス・ジュネーブで開催されている難民の第三国定住に関する三者会議(Annual Tripartite Consultations on Resettlemen: …

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.06

収容・送還に関する専門部会報告書に関する各種声明・報道等

2020年6月に発表された収容・送還に関する専門部会による報告書「送還忌避・長期収容問題の解決に向けた提言」について、FRJ加盟…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.03

新型コロナ:移民・難民に関する各種声明・要請等

日本での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、FRJ加盟団体を含む市民団体等が、移民・難民のおかれた脆弱な状況や権利、入管施…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.06.28

収容・送還に関する専門部会報告書「送還忌避・長期収容問題の解決に向けた提言」への市民団体意見書

2020年6月19日に、第7次出入国管理政策懇談会「収容・送還に関する専門部会」による報告書

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2020.06.24

【人材募集】難民のためのシェルター住込み管理人を募集しています!

なんみんフォーラム(FRJ)が都内で運営する難民の方のためのシェルターのの住込み管理人(嘱…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

イベント/セミナー

2020.06.12

6/19 オンライン会議 「Withコロナ・Afterコロナにおける難民のリーダーシップ」

Asia Pacific Network of Refugees(APNOR)が、アジア太平洋地域の各地における難民コミュニティのリーダーからお話を聴くオン…

READ MORE

FROM |