FRJは日本に逃れてきた難民を支援する団体/NGOのネットワーク組織です。

English

その他

2021.05.25

新型コロナウイルスと入管収容:アジア太平洋難民の権利ネットワークによる声明

新型コロナウイルスと入管収容に関して、なんみんフォーラム(FRJ)が加盟するアジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)が4月19日に声明「APRRN STATEMENT: IN LIGHT OF THE SPREAD OF COVID-19 IN IMMIGRATION DETENTION CENTRES, RECONSIDER THE DETENTION APPROACH TO MIGRATION」を出しました。

アジア太平洋難民権利ネットワーク(APRRN)は、29カ国の450以上の市民社会組織と個人からなるネットワークです。難民や保護を必要とする人々の権利を向上させることを目的として、地域レベルや国際レベルでのアドボカシーや、市民社会のキャパシティ向上などに取り組んでいます。

これまで、APRRNはアジアの各国における新型コロナウイルスの影響などについて声明や報告を出していましたが、4月に改めて声明を発表しました。
声明では下記の6つの指摘を要点とし、外国人が収容される過密状態の収容施設において、感染を防ぐ物理的距離の確保や衛星面・医療アクセスの不足から起こる感染の恐れを呼びかけています。
日本に関しても、品川入国管理局での収容者の感染状況について指摘をしています。

 

APRRNの声明:6つの要点

声明では各国で必要とされる取り組みを6つ点から述べています。

As civil society called for a year ago, authorities must:

  1. Provide treatment to the detained people who have contracted the virus, on par with the treatment afforded to nationals;
  2.  In collaboration with civil society, develop plans for the safe release of detained people to prevent further outbreaks and to fulfil obligations under international human rights law;
  3. Scale up and urgently implement non-custodial, community-based alternatives to immigration detention in accordance with international law;
  4.  Improve conditions in places of immigration detention, while alternatives are being scaled up and implemented, to the same standard of healthcare available in the community;
  5. Stop new detentions of migrants for migration- or health-related reasons and introduce a moratorium on the use of immigration detention;
  6.  Include all people in national response plans to COVID-19, including vaccination plans, regardless of immigration status and without discrimination.

 

  1. 収容中の感染者に対し、国民と同等の治療を行うこと。
  2. さらなる感染拡大を防ぎ国際人権法上の義務を果たすために、市民社会と協力し、収容中の人々の安全を確保するため釈放の計画を策定すること。
  3. 国際法に基づき、外国人収容に代わる非収容のコミュニティベースの代替措置を拡大し、早急に実施すること。
  4. 代替措置の拡大と実施が行われている間、外国人収容所の環境を、地域社会で利用できる医療と同じ水準に改善すること。
  5. 外国人、もしくは健康上の問題を持つ外国人を新たに収容することを止め、収容所の使用をモラトリアム化すること。
  6. COVID-19に対する国の対応計画(予防接種計画を含む)に、外国人であるかどうかにかかわらず、すべての人々を差別なく参加させること。

(原文・全文はこちら 

 

新型コロナウイルスの対応よって、日本やアジア各国における外国人の長期収容についての問題がより可視化しています。
アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)による新型コロナウイルスに関連する発信はこちら からご覧ください。

FROM |

FRJの活動

2021.08.02

【人材募集】難民のためのシェルター住込み管理人を募集しています!

なんみんフォーラム(FRJ)が都内で運営する難民の方のためのシェルターの住込み管理人(嘱託…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2021.09.10

アムネスティ・インターナショナル日本「日本において国際的保護を必要とするすべてのアフガニスタン人の人権保護を求める要請書」法務大臣に提出

FRJ加盟団体のアムネスティ・インターナショナル日本は、97日、法務大…

READ MORE

FROM | アムネスティ・インターナショナル日本

その他

2021.08.27

アフガニスタン情勢アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)による緊急声明

FRJが加盟しているアジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)が、現在のアフガニスタン情勢を鑑み、アフガニスタン国内外で避…

READ MORE

FROM |

加盟団体の活動

2021.08.23

日本語学習支援プログラム「LIP-Learning 2021」2021年度奨学生約20名募集開始(9/3〆切)

認定NPO法人Living in Peace(LIP)が実施する日本語学習支援プログラム「LIP-Learning 2021」の公募が開始されました。

READ MORE

FROM | Living in Peace

加盟団体の活動

2021.08.23

Living in Peace「移民・難民のいのちを守る基金」〜セーフティネットからこぼれ落ちる子育て世帯へ〜(8/27〆切)

認定NPO法人Living in Peace(以下、LIP)は、緊急事態宣言が繰り返され、収入減等で困窮度が高まっている状況にあり、生活保護…

READ MORE

FROM | Living in Peace

加盟団体の活動

2021.08.17

共同声明「アフガニスタン出身者を含む庇護希望者への迅速な保護等を求める声明」

2021年8月17日、NPO法人 名古屋難民支援室、RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)、認定NPO法人 難民支援協会の合同で、「アフ…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2021.08.17

全難連声明「アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明」

2021年8月16日、緊迫化するアフガニスタンの状況を受け、なんみんフォーラム加盟団体の全国難民弁護団(全難連)より、声明「ア…

READ MORE

FROM | 全国難民弁護団連絡会議(JLNR)

イベント/セミナー

2021.08.11

写真展『DIGNITY – 尊きミャンマーの⼈々– in Rakhine State』・オンラインセミナー開催

なんみんフォーラム加盟団体の無国籍ネットワークが共催する、新畑克也氏の写真展『DIGNITY – 尊きミャンマーの⼈々– in Rakhi…

READ MORE

FROM | 無国籍ネットワーク

その他

2021.07.21

鎌倉市議会で「人道的見地で難民政策の見直しを求めることに関する意見書」が可決

7月2日、鎌倉市議会で、内閣総理大臣・内閣官房長官・外務大臣・法務大臣・衆議院議長・参議院議長に送付する「人道的見地で難民…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2021.07.16

ステートメント「難民条約加入40周年:難民保護法制定に向けた支援団体の声」

通常国会(第204回国会)へ上程された「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する 法律案」の同国会での成立が見送られました。…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)