FRJは日本に逃れてきた難民を支援する団体/NGOのネットワーク組織です。

English

FRJの活動

2014.03.31

平成25年における難民認定者数等について

法務省入国管理局は、3月20日に「平成25年における難民認定者数等について」を発表しました。それによると昨年、日本において難民申請を行った人は3,260人で、主な国籍はトルコ、ネパール、ミャンマー、スリランカ、パキスタンなどでした。また、難民認定の審査が行われたのは、1次審査で2,642人、異議申し立ての処理件数は1,135人、その中で難民と認定された人は1次審査で3人、異議申立で3人、合計6人となっています。難民として認定しなかったものの人道配慮による在留を許可された人は151人となり、合計で157人が保護されました。

難民認定は個別の事情に基づいて判断されるので、認定者数や認定率を持って制度そのものを一概に評価することはできません。しかし、申請者数が急激に増加する中で認定者数が年々減少し、6人という極めて低い水準に至ったことを、私たちは重く受け止めています。

難民認定者の数が今回大幅に減少した主な要因としてミャンマー情勢の変化が挙げられ、これまで多数を占めていたミャンマー難民の保護が、民主化の進展により必要性が減少したと言われています。(法務省発表による保護数全体に占めるミャンマー難民の割合は、難民認定者数が最も多かった平成20年の92%から平成25年の52%まで減少しました。)一方、シリアからの難民申請者は、2013年は一人も難民として認められず、人道配慮による在留許可しか付与されませんでした。ミャンマー以外の難民はなぜ認められにくいのか、シリアからの申請者はなぜ難民ではなかったのかなどについて、政府発表では明らかにはされていません。今後さらに申請者の増加が予想されることから、透明性向上のためにも、申請の動向や認定の基準などについてより詳しい情報が公開されることを求めます。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の統計によると、アジアは世界で最も多く難民が発生している地域で、隣国の韓国でも申請者の数は増大しています。難民保護の国際的・地域的な取り組みが求められる中で、日本への期待も高まっているといえるでしょう。日本は難民としてどのような人を保護するのか、日本政府としての難民保護の基本方針をより明確にしなければならないと考えます。

日本では現在、「第6次出入国管理政策懇談会」のもとに「難民認定制度に関わる専門部会」が立ち上げられ、本格的な議論が展開されようとしています。難民保護制度の公正性・効率性を見直し、透明性を確保することが早急に求められます。私たちは、日本が加盟する難民条約をはじめとする国際人権条約に則り、国際協調の精神に基づいて適切に難民を保護することを強く願っています。

全文はこちら:平成25年における難民認定者数等について

■本件に関するお問い合わせ

NPO法人なんみんフォーラム(FRJ)
〒 165-0034 東京都中野区大和町1‐53‐11
Tel: 03-6383-0688|Fax: 03-6383-0699|Mobile: 080-5504-5670| info@frj.or.jp|www.frj.or.jp

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2021.08.02

【人材募集】難民のためのシェルター住込み管理人を募集しています!

なんみんフォーラム(FRJ)が都内で運営する難民の方のためのシェルターの住込み管理人(嘱託…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2021.09.10

アムネスティ・インターナショナル日本「日本において国際的保護を必要とするすべてのアフガニスタン人の人権保護を求める要請書」法務大臣に提出

FRJ加盟団体のアムネスティ・インターナショナル日本は、97日、法務大…

READ MORE

FROM | アムネスティ・インターナショナル日本

その他

2021.08.27

アフガニスタン情勢アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)による緊急声明

FRJが加盟しているアジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)が、現在のアフガニスタン情勢を鑑み、アフガニスタン国内外で避…

READ MORE

FROM |

加盟団体の活動

2021.08.23

日本語学習支援プログラム「LIP-Learning 2021」2021年度奨学生約20名募集開始(9/3〆切)

認定NPO法人Living in Peace(LIP)が実施する日本語学習支援プログラム「LIP-Learning 2021」の公募が開始されました。

READ MORE

FROM | Living in Peace

加盟団体の活動

2021.08.23

Living in Peace「移民・難民のいのちを守る基金」〜セーフティネットからこぼれ落ちる子育て世帯へ〜(8/27〆切)

認定NPO法人Living in Peace(以下、LIP)は、緊急事態宣言が繰り返され、収入減等で困窮度が高まっている状況にあり、生活保護…

READ MORE

FROM | Living in Peace

加盟団体の活動

2021.08.17

共同声明「アフガニスタン出身者を含む庇護希望者への迅速な保護等を求める声明」

2021年8月17日、NPO法人 名古屋難民支援室、RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)、認定NPO法人 難民支援協会の合同で、「アフ…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2021.08.17

全難連声明「アフガニスタン出身者への緊急措置による迅速な保護等を求める声明」

2021年8月16日、緊迫化するアフガニスタンの状況を受け、なんみんフォーラム加盟団体の全国難民弁護団(全難連)より、声明「ア…

READ MORE

FROM | 全国難民弁護団連絡会議(JLNR)

イベント/セミナー

2021.08.11

写真展『DIGNITY – 尊きミャンマーの⼈々– in Rakhine State』・オンラインセミナー開催

なんみんフォーラム加盟団体の無国籍ネットワークが共催する、新畑克也氏の写真展『DIGNITY – 尊きミャンマーの⼈々– in Rakhi…

READ MORE

FROM | 無国籍ネットワーク

その他

2021.07.21

鎌倉市議会で「人道的見地で難民政策の見直しを求めることに関する意見書」が可決

7月2日、鎌倉市議会で、内閣総理大臣・内閣官房長官・外務大臣・法務大臣・衆議院議長・参議院議長に送付する「人道的見地で難民…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2021.07.16

ステートメント「難民条約加入40周年:難民保護法制定に向けた支援団体の声」

通常国会(第204回国会)へ上程された「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する 法律案」の同国会での成立が見送られました。…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)