イベント/セミナー

2015.05.12

5/23 国際シンポジウム 「無国籍者とノン・シティズン:ラトヴィアとの対話」のご案内

5月23日に開催される無国籍に関する国際シンポジウムのご案内です。

 

国際シンポジウム

「無国籍者とノン・シティズン:ラトヴィアとの対話」

UNHCR事務所によると、世界には現在1000万人以上の無国籍者がいるといわれます。
バルト三国の一角をなすラトヴィア共和国においては、その歴史的経緯により、人口の実に10%以上が無国籍者やノン・シティズン(non-citizens)で占められています。
そこで、ラトヴィア共和国における無国籍者やノン・シティズンの実態と関連の法的枠組みについて学び、日本の状況と対比させながら今後の課題について考えることを目的に、本シンポジウムを企画いたしました。
シンポジウムではまず、ラトヴィア共和国の法学者より、無国籍者やノン・シティズンに関する概要と法制度について報告があります。次に、ラトヴィア最高裁判所判事より、司法の実践やその役割について報告があります。
これを受け、ラトヴィア共和国との比較を念頭におきつつ、日本の法実務家が日本の状況について報告します。以上を踏まえ、フロアを交えた対話や討議を進める予定です。
本シンポジウムが、無国籍者やノン・シティズンへの対応のあり方を問い直す新たな機会となること願っています。

 

日時 2015年5月23日(土)13:00〜17:00

場所 国際基督教大学(ICU)本部棟206会議室

ICUへのアクセスはこちら本部棟はリンクの19番)

 

  • 言語:日本語と英語(日英同時通訳有)
  • 主催:無国籍研究会/ICU
  • 後援:国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
  • 助成:

公益財団法人 社会科学国際交流江草基金
公益財団法人 日弁連法務研究財団(研究番号111:日本における無国籍者の現状の把握・無国籍者の保護にかかる法的枠組みに関する研究)
日本学術振興会科学研究費助成「無国籍者への国際的対応:国際レジームからの理論的・実践的研究」(基盤研究C・研究課題番号:26380214)

*参加無料・事前予約不要*

 

プログラム(予定)                    

開会挨拶:小尾 尚子(UNHCR駐日事務所副代表) 

報告1:「ラトヴィアにおける無国籍者とノン・シティズン」

マールティンシュ・ミッツ(リガ法科大学院副学長)

報告2:「無国籍者、ノン・シティズンとラトヴィアの司法」
ダツェ・ミタ(ラトビア最高裁判所判事)

報告3:「日本からの視座」
小田川 綾音(弁護士)、殷 勇基(弁護士)

パネルディスカッション:コメンテーター・小森 宏美(早稲田大学教授)

フロアとの対話:質疑応答 
  
閉会挨拶:日比谷 潤子(ICU学長) 
   
*ファシリテーター:新垣 修(ICU教授) 
  

 
プロフィール                      


マールティンシュ・ミッツ(Mārtiņš Mits)  
法学博士(ルンド大学)。ラトヴィア大学人権研究所副所長、Latvian Human Rights Quarterly主任編集者を経て、2008年よりリガ法科大学院副学長。欧州人権条約やラトヴィア憲法についての著作多数。

ダツェ・ミタ(Dace Mita)
修士(人権・民主化:パドヴァ大学)。ラトヴィア環境保護・地域発展省法務部アドヴァイザー、ラトヴィア国会法務委員会アドヴァイザーなどを歴任。2006年よりラトヴィア最高裁判所行政事件部門判事に着任し、人権問題を専門とする。

小田川綾音(おだがわ あやね)  
弁護士(2009年登録)。日本弁護士連合会人権擁護委員会難民認定問題特別部会特別委嘱委員、無国籍研究会主任研究員などを務め、難民、無国籍問題に取り組んでいる。

殷勇基(いん ゆうき・ウン ヨンギ)
弁護士(1996年登録)。日本弁護士連合会人権擁護委員会日韓弁護士会戦後処理問題共同行動特別部会特別委嘱委員。在日コリアン弁護士協会会員。日本の国籍法を研究している。

小森宏美(こもり ひろみ)
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門はエストニア現代史。歴史認識と国家制度構築の関係に関心を有している。

新垣修(あらかき おさむ)
法学博士(ヴィクトリア大学)。専門は国際法と国際関係論。広島市立大学教授などを歴任し、2013年より国際基督教大学教授。

 

 

*無国籍研究会公式ウェブサイトでのご案内はこちら

 

10446696_890960487631614_6006550104355843942_n

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2020.06.12

新型コロナ:移民・難民の緊急支援にご協力ください

新型コロナウイルスの影響で、移民・難民、外国にルーツをもつ方々のなかでも生活に困窮する方が急速に増えています。また、閣議…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.09

UNHCR難民高等教育プログラム:2021年度募集開始

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の高等教育プログラムの2021年度の募集が開始されました。同プログラムは、社会経済的な理由…

READ MORE

FROM | 国連UNHCR協会

政策の動き

2020.07.09

収容・送還に関する専門部会提言が第7次出入国管理政策懇談会へ報告されました

2020年6月29日の第7次出入国管理政策懇談会にて、同懇談会の下に設置された「収容・送還に関する専門部会」による報告書「送還…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

その他

2020.07.09

国際動向:UNHCR 年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート」発表

2020年6月20日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)より、2019年の年間統計報告書「グローバル・トレンズ・レポート」が発表され…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

その他

2020.07.07

国際動向:第三国定住に関するNGO声明と難民当事者による声明が発表されました

毎年スイス・ジュネーブで開催されている難民の第三国定住に関する三者会議(Annual Tripartite Consultations on Resettlemen: …

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.06

収容・送還に関する専門部会報告書に関する各種声明・報道等

2020年6月に発表された収容・送還に関する専門部会による報告書「送還忌避・長期収容問題の解決に向けた提言」について、FRJ加盟…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.07.03

新型コロナ:移民・難民に関する各種声明・要請等

日本での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、FRJ加盟団体を含む市民団体等が、移民・難民のおかれた脆弱な状況や権利、入管施…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

加盟団体の活動

2020.06.28

収容・送還に関する専門部会報告書「送還忌避・長期収容問題の解決に向けた提言」への市民団体意見書

2020年6月19日に、第7次出入国管理政策懇談会「収容・送還に関する専門部会」による報告書

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

FRJの活動

2020.06.24

【人材募集】難民のためのシェルター住込み管理人を募集しています!

なんみんフォーラム(FRJ)が都内で運営する難民の方のためのシェルターのの住込み管理人(嘱…

READ MORE

FROM | なんみんフォーラム(FRJ)

イベント/セミナー

2020.06.12

6/19 オンライン会議 「Withコロナ・Afterコロナにおける難民のリーダーシップ」

Asia Pacific Network of Refugees(APNOR)が、アジア太平洋地域の各地における難民コミュニティのリーダーからお話を聴くオン…

READ MORE

FROM |